基礎代謝を上げる方法 > 基礎代謝量の違い(3)

基礎代謝量の違い(3)

安静にしている時に消費される基礎代謝量。
私達の体で消費されるエネルギーの大半を占めている基礎代謝量は、人によって様々です。性別や年齢、体格、人種によっても違いますが、その他にも基礎代謝量に影響のあることがいくつかあります。

栄養状態によっても違いがあります。
栄養状態が悪い人は、たんぱく質の合成が低下するためにエネルギー消費が抑制されてしまうのです。食生活が偏っている人、無理なダイエットを続けている人、長期にわたる栄養不足、栄養失調症の人などは基礎代謝量が10%~30%低下していると言われています。痩せるためのダイエットも、無理をすると逆に痩せにくい体を作ってしまうというわけなのです。

風邪などのために発熱し、体温が高い時にも基礎代謝は高くなります。
体温が1℃上昇すると、基礎代謝は13%増加します。
基礎代謝を調節するのは甲状腺ホルモンですが、このホルモンの分泌が多くなるバセドウ病などでは、通常の2倍にもなることがあります。

女性の場合、月経により基礎代謝量が変化します。
月経中は最低値になり、その後、次第に増加していき、月経が始まる2、3日前には基礎代謝量は最高になります。
ダイエットを考えている女性は、基礎代謝が高い月経が始まる直前がポイントです。
この時期に活動エネルギーを増やせば、より効果的にダイエットができるというわけですね。

妊娠によっても基礎代謝量は変化します。
妊娠4ヶ月目までは変化は見られませんが、胎児が大きくなるにつれて増加して、妊娠後期には、約20%増加します。

基礎代謝を上げるエクササイズ