基礎代謝を上げる方法 > 「有酸素運動」と「無酸素運動」

「有酸素運動」と「無酸素運動」

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類あります。

どちらも、ダイエットのためには必要な運動なのですが、それぞれどのような特徴があるのでしょう。

有酸素運動は、体脂肪を燃やす運動です。

継続的に、十分な呼吸を確保しながら酸素を消費する運動で、ウォーキングやジョギングなどが、それにあたります。

脂肪を燃焼させるためには、十分な酸素が必要なので、息が切れてしまうほどの激しい運動では、脂肪は燃えてくれません。

脂肪が燃え始めるのは、有酸素運動を始めてから20分くらい後と言われていますが、日頃運動していない人は、15分程度から初め、徐所に運動時間を長くしていくと良いでしょう。

有酸素運動は、無理なく続けることが大切です。

無酸素運動は、基礎代謝を高め、やせにくい体を作る運動です。

ダイエット、というと、脂肪を燃やす有酸素運動を思い浮かべる人も多いかと思いますが、有酸素運動だけでは、筋肉が落ちてしまう場合もあります。

筋肉は基礎代謝を高めるためには必要なものなので、筋肉が落ちれば太りやすい体になってしまうのですね。

無酸素運動は、酸素ではなく、筋肉に貯めておいたグリコーゲンを使います。

短時間の運動ですが、筋肉を鍛えることができる運動です。

陸上の短距離走や、ダンベルを使った運動がそれにあたります。

無酸素運動で基礎代謝を高めた後、有酸素運動をして脂肪を燃やす、という方法で効率よくエネルギーを消費させましょう。


基礎代謝を上げるエクササイズ